まずは人間を生きてから

1歳の時に脳腫瘍になった子どもの
大人になってからの日常。
闘病記へはリンクよりどうぞ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クリスマスディズニー その3 | main | ししゅう >>
# 甥っ子に会ってきました
ディズニーの翌日、セリカ姉の家へ。
甥っ子は6か月になり
元気にはいまわったり
つかまり立ちしていました。

自宅にいるときもそうだったのですが
セリカのことが好きですぐによっていく。
年齢はもうアラサーだけど
中身も見た目も子どもっぽいから?
何度もからだによじのぼろうと
していました。





ポップコーンバケツに
かじりついているところ。





アプリに毎日写真や動画をいれてくれるので
セリカもそれを楽しみにチェックしています。
| comments(2) | - | 20:23 | category: days |
コメント
こんばんは。私は、右のおでこのところにできた腫瘍を診せに10月に板橋セントラルクリニックの形成外科へ言って診てもらった後、CT検査を受けました。そのあと、板橋セントラルクリニックの形成外科では、CT検査の結果を見て判断したところ、板橋中央総合病院での3泊4日の入院と全身麻酔での手術といわれたが、再び、子宮筋腫での婦人科通院と入院と手術でお世話になった、都立大塚病院の形成外科と脳神経外科の2科の紹介状と板橋セントラルクリニックで撮ったCT検査のCDROMを持って行っての都立大塚病院の形成外科と脳神経外科の2科を受診と術前検査とMRI検査を撮ったり、また、12月3日(月)から12月8日(土)までの間、都立大塚病院の形成外科の530病棟で入院をし、12月4日(火)に手術をしました。また、主治医の先生は、若い、男性の先生でした。とても、いい先生でした。現在は、退院し、12日の水曜日に抜糸をしたばかりです。また、脳神経外科では、形成外科の方で撮った、MRI検査の写真を見たときに先生が「蝶形骨腫瘍」による、髄膜腫があると言われ、形成外科の腫瘍摘出術と一緒に手術ができないといわれたので、こちらは、来年の3月に大塚病院の脳外科へ行って受診とMRI検査を受けることになりました。また、今年2月の子宮筋腫での入院と手術を受けたばかりなのに、12月に腫瘍摘出手術での入院と手術になってしまったので、とても、大変でした。また、色々な、体調不良によるストレスもあるので、会社の方は、12月いっぱいで退職をすることになりました。
| BLUEMOONBLUE | 2018/12/14 7:54 PM |

BLUEMOONBLUEさん、こんにちは。

それはなかなかたいへんでしたね。
まだ来年にも手術が控えていることですし
ゆっくりやすんで体力回復させて
治療に専念してください。
どうぞお大事に。
| hitomi | 2018/12/15 12:59 PM |

コメントする









Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links